BLOG 加藤 勝の鉄道写真日記

新たにFC2にてBLOGを開始することになりました



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

有終の美

1ヶ月弱ほど更新が滞ってしまいました。
先月中旬あたりから怒濤のように仕事が押し寄せ寝る時間もあまりない毎日だったのですが、ここにきてようやく落ち着き、時間も少しは取れるようになったところです。
寝ないで仕事をしたからこれで年は越せるかな(笑)

さて、明日は新幹線の開業によるダイヤ改正です。
北海道内だけでみれば各特急に多少の動きはあり、そのなかでも注目されるのはスーパー白鳥・白鳥でしょうか。
とはいえスーパー白鳥・白鳥にしても今回のダイヤ改正はそんなに大きなものではなく、青函区間の大きな動きといえばやはり5年後の北海道新幹線開業のような気がします。

振り返って8年前、ちょうど今の時期にも東北新幹線の八戸開業で青函区間の列車系統に大きな変化がありました。
トンネル開業から走り続けてきた函館~青森間の快速海峡が廃止となり、このときにスーパー白鳥がデビュー。
これにより同区間は優等列車だけになったわけですが、同時にJR線上から定期普通客車列車が消滅したときでもありました。

その快速海峡は後年、ドラえもん海底列車として機関車にも客車にもドラえもんのイラストが車体いっぱいに描かれ機関車のヘッドマークは省略。
ドラえもんのペイントがされていない機関車には従来通りマークの掲出はあったものの、このころ、ペイントがされている機関車はもっぱら旅客専従、されていない機関車は貨物専従といった感じだったことからヘッドマークマークを掲げた機関車は稀にしかみることができませんでした。

タイアップイベントが終了したあとも機関車も客車もペイントはそのままだったことからそのままラストを迎えるのかと思いきや、最終日はもっぱら貨物専従だった機関車が充当され、久しぶりにオリジナルのマークを掲出。
快速海峡の有終の美を飾ってくれたことをよく覚えています。

そういえば快速海峡がデビューしたのが98年、廃止となったのが2002年で14年間の活躍、スーパー白鳥が2002年にデビューして2015年に同区間は新幹線へとシフトするのですから、このまま活躍していくとすれば13年。
奇しくも同じようなスパンとなるのですね。

2002年11月30日 江差線 渡島当別~釜谷 海峡4号
Nikon F5 AF Nikkor 35-70 F2.8D RVP(+1)

スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 12:22:10|
  2. 回想録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。