BLOG 加藤 勝の鉄道写真日記

新たにFC2にてBLOGを開始することになりました



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

有終の美

1ヶ月弱ほど更新が滞ってしまいました。
先月中旬あたりから怒濤のように仕事が押し寄せ寝る時間もあまりない毎日だったのですが、ここにきてようやく落ち着き、時間も少しは取れるようになったところです。
寝ないで仕事をしたからこれで年は越せるかな(笑)

さて、明日は新幹線の開業によるダイヤ改正です。
北海道内だけでみれば各特急に多少の動きはあり、そのなかでも注目されるのはスーパー白鳥・白鳥でしょうか。
とはいえスーパー白鳥・白鳥にしても今回のダイヤ改正はそんなに大きなものではなく、青函区間の大きな動きといえばやはり5年後の北海道新幹線開業のような気がします。

振り返って8年前、ちょうど今の時期にも東北新幹線の八戸開業で青函区間の列車系統に大きな変化がありました。
トンネル開業から走り続けてきた函館~青森間の快速海峡が廃止となり、このときにスーパー白鳥がデビュー。
これにより同区間は優等列車だけになったわけですが、同時にJR線上から定期普通客車列車が消滅したときでもありました。

その快速海峡は後年、ドラえもん海底列車として機関車にも客車にもドラえもんのイラストが車体いっぱいに描かれ機関車のヘッドマークは省略。
ドラえもんのペイントがされていない機関車には従来通りマークの掲出はあったものの、このころ、ペイントがされている機関車はもっぱら旅客専従、されていない機関車は貨物専従といった感じだったことからヘッドマークマークを掲げた機関車は稀にしかみることができませんでした。

タイアップイベントが終了したあとも機関車も客車もペイントはそのままだったことからそのままラストを迎えるのかと思いきや、最終日はもっぱら貨物専従だった機関車が充当され、久しぶりにオリジナルのマークを掲出。
快速海峡の有終の美を飾ってくれたことをよく覚えています。

そういえば快速海峡がデビューしたのが98年、廃止となったのが2002年で14年間の活躍、スーパー白鳥が2002年にデビューして2015年に同区間は新幹線へとシフトするのですから、このまま活躍していくとすれば13年。
奇しくも同じようなスパンとなるのですね。

2002年11月30日 江差線 渡島当別~釜谷 海峡4号
Nikon F5 AF Nikkor 35-70 F2.8D RVP(+1)

スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 12:22:10|
  2. 回想録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ふたつのED79 | ホーム | 真っ暗け~>>

コメント

★宮本康広さま

こんばんは。

気がつけば…とはよく言いますが、海峡からスーパー白鳥に替わってからもう8年になるんですよね。
その後の客車列車の衰退ぶりは今さら言うまでもありませんが、長大編成を組んだ海峡が走っていた頃が客車列車の最後の輝きだったような気もします。
その海峡を宮本さんは14系の方に乗られたことがあるとのこと。私も何度か海峡には乗りましたが私は50系の方にしか乗ったことがなかったりします(笑)。

私はモニターキャリブレーションをしたMacを使っていまして、そのモニターで見る限りはそれなりにこってりしているのですが、別なWindowsのPCで見るとけっこうあっさりしていたり…。
もちろん原版はこってりです。
また、レンズは今も現役ですよ(笑)。

このポイントはこの画を撮るために立ったまさにその位置に家が建ってしまったため今では撮れなくなってしまいました。
  1. 2010/12/14(火) 18:01:17 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

「海峡」が「スーパー白鳥」「白鳥」に代わってもうそんなになりますね。
民営化以降急速に客車列車は姿を消し、残っていても2~3両といった「らしくない」姿ばかりになっていましたから、波動があるとはいえ10両近くまで増結した編成をED79が牽く姿は勇ましいものでしたね。
一度きりの「海峡」乗車(しかも津軽今別から)は14系だったので、50系には乗れずじまいでした (函館本線で51形には乗ってますが…)。ホームを大きくはみ出したので後方の自由席は車内を延々と通らねばならなかったのですが、その途中に現在「はまなす」で使用されているカーペットカーもあったような気がします。

RVPとしてはめずらしく彩度よりコクを感じる写真とお見受けしますが、赤そのものとはすこし違うあずき色だとそう見えるのかな、とも。それにしても35-70mmF2.8Dとはまたシブいレンズで(笑)
津軽海峡線でも江差線区間は結構撮影場所に悩みそうですよね。地図を見ても実際に乗ってみてもそう思います。ここまできれいに撮れるところも現在撮影はできないのですか…うーん惜しい。
  1. 2010/12/13(月) 02:09:04 |
  2. URL |
  3. 宮本康宏 #-
  4. [ 編集 ]

★特急北斗さま

こんばんは。

特急北斗さんはスーパー白鳥がデビューする前の快速海峡に乗られたことがあるのですね。
今では客車といえば僅かに残るブルトレぐらいなもので客車列車そのものが貴重となっていますが、海峡が当たり前に走っていた頃を懐かしく思いつつ、これも時代の流れなんだなぁ…と思ってしまいます。

また、この頃といえば貨物の受託もあって赤いED79がまだまだ貨物列車の先頭に立っていた頃でもありましたね。
でもそれも気付けば金太郎の台頭により消滅。今ではED79そのものが貴重な存在になりつつあるような気がします。

5年後には新幹線が新函館まで開業しますが、そのとき周りの景色はもちろんこの区間で活躍する車両たちの今後は私もおおいに気になるところです。
  1. 2010/12/09(木) 20:14:51 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #-
  4. [ 編集 ]

★さくらねこさま

こんばんは。

今は落ち着いてきたのですが、先月はちょっと余裕のない1ヶ月でした。
このご時世に仕事があることはホントにありがたいことですよね。

さてさて、ついにというか、やっとというか東北新幹線が全線開業となりましたね。
ただ当日は悪天候で新幹線はもちろん在来線でも運休や遅延が相次いだようで、私も海峡線沿線にいましたが足の長い貨物列車はほとんどまともに来ませんでした。
また最近はダイヤ改正ごとにブルトレ廃止のニュースが続いていますが、今回は特にそれもなくちょっと安心ですね。

青函区間を行き来するスーパー白鳥が登場する前はこんな列車が運転されていました。
客車列車そのものが貴重となっている今となってはこれも懐かしい思い出です。
  1. 2010/12/09(木) 20:02:16 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

海峡とは今となっては懐かしい列車ですね。まだ小学生に上がる前にこの海峡に乗って初めて北海道から出たことがあり、それを今でも鮮烈に覚えています。
その頃から50系にはドラえもんのステッカーが施されていましたが、それは紛れもない青い客車で今では貴重な存在だったんだなという気がします。

8年前はまだED79が海峡線の主流でしたね。
今では金太郎ことEH500に飲まれつつあり、赤い79が貨物の先頭を務めるとこもかなり稀になってしまいましたね。
その金太郎はもう常磐線にまで侵食し、かなり応用の利く機関車なんだなと感じられずにはいられません(笑)

これから先、函館まで新幹線が開業したらこの辺りはどうなってしまうのか、非常に気になるところです。
  1. 2010/12/09(木) 18:37:44 |
  2. URL |
  3. 特急北斗 #-
  4. [ 編集 ]

お忙しそうですね、でも仕事がたっぷりあって何よりです
東北新幹線、とうとう全通しましたね
先日当日は日本海側は強風でダイヤが乱れ、初日から運休や最後の青森行きいなほは秋田止めと、波乱含みのスタートとなっていました
「あけぼの」も「日本海」も、このタイミングで廃止にならなくてほっと一安心です

快速「海峡」ですか
ヘッドマークは、青に黄色にピンクとカラフルですね~
  1. 2010/12/08(水) 22:55:50 |
  2. URL |
  3. さくらねこ #zLa3R9fg
  4. [ 編集 ]

★785@NE-501さま

こんばんは。

快速海峡があった頃が一番ED79が輝いていた…私も全く同感です。
この頃の江差・海峡線といえばED79の天下で、旅客から貨物までひっきりなしにやって来ていたのを思い出します。
海峡が電車特急化され、貨物への受託もなくなった今では赤いED79そのものが貴重な存在になっているように思えます。
そんなED79が牽く海峡は晩年はドラえもん海底列車として機関車にも客車にも大きくペイントされていましたが、あの姿は好き嫌いが分かれるところですよね。

789系がスーパー白鳥としてデビューしてから早8年、振り返るともうそんなに経つのかと驚くところですが、785@NE-501さんが鉄道趣味に入るきっかけは789系だったとのこと。
そこは785系ではないのですね(笑)。
今回のダイヤ改正では785系がスーパー白鳥用に転用されましたが、これからも珍車として注目を集めそうです。
  1. 2010/12/07(火) 20:52:18 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

非常に懐かしいお写真ですね。快速海峡があった頃が一番ED79が輝いていたように思います。国鉄型交流電気機関車が長編成の普通客車列車を牽いていたのも今となっては懐かしい光景ですね。もっとも、私は自分の目で快速海峡を見た事が無いのが残念です。

ED79ドラえもん塗装の中で機関車の顔が水色でドラえもんの顔がでっかく書いてあった17号機の塗装などは最後まで好きになれなかった記憶があります・・・苦笑

それにしても789系がデビューして8年も経つんですね。書店で某鉄道雑誌を何気なく手にとって789系の記事を見て、今までの北海道と特急列車とは異なるあの鮮烈な緑の特急列車に惹かれて、本格的に鉄道趣味の世界へと入った私ですが、あれから8年、今度は785系がスーパー白鳥でデビューしたわけですが、これも時代の流れなのでしょうか?笑
  1. 2010/12/07(火) 17:57:20 |
  2. URL |
  3. 785@NE-501 #US6wYauc
  4. [ 編集 ]

★Booさま

こんばんは。
こちらこそご無沙汰しており、失礼しました。

時間が経つのは早いとはよく言いますが八戸開業からすでに8年が経っているんですよね。
このダイヤ改正で北海道ではスーパー白鳥のデビューと同時に海峡がなくなってしまったわけですが、Booさんは「はつくる」を撮られていたのですか。
今にしてみれば「はくつる」の愛称も懐かしいものです。

かつてはこの界隈もよく行かれていたBooさん、撮影地もすぐにお察しになられましたね。
今ではこの場所では撮れなくなってしまったのが残念です。

海峡はラストの日までペイントされているのだと思いきや最終日だけは長い編成とマークの付いた姿でまさに有終の美といった感じ。
そんな編成をこのときはちょっと冒険をして流し撮りしてみました。
お褒めをくださりありがとうございます。

今から5年後、新幹線の新函館が開業したときにも「あっという間」って確かに思いそうです。
その頃、周辺の景色はどのように変わっているのでしょうね。
  1. 2010/12/06(月) 18:26:59 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい場所!そして写真!

加藤様こんばんは。
ご無沙汰しております。
 八戸開業からもう8年ですか!いやはや懐かしいです。僕はこの次の日、開業の朝、小柳駅で「はくつる」を待ち構えていたのを思い出します。
 そしてこの場所!懐かしいですね。いまや撮れないアングルとなって久しいですね。しかもRVPの鮮やかな発色と気持ちの良い流し撮り!いやぁ、最高ですね。最終日は編成も長く、カン付きでホントに良かったですね。

あっという間、って、函館開業のときも思うのでしょうね…。


  1. 2010/12/05(日) 19:32:46 |
  2. URL |
  3. Boo #1O2DPKrI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masarukato.blog109.fc2.com/tb.php/28-2f2442b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。