BLOG 加藤 勝の鉄道写真日記

新たにFC2にてBLOGを開始することになりました



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何もない景色

室蘭本線 非電化区間の何もない景色の中をゆく5371列車です。

今日は札幌市内でも時おり あられが降る荒れた天気となりましたが、そうかと思えば急に陽が差したりと極端な空模様。
でも列車の通過時には運良く雲の切れ間から西日が差し込んでくれました。

今日の5371列車はDF200-53号機がけん引。
後に続くタキの中には最近すっかり少なくなったタキ11000も混じってました。


道内のタンク列車のうち、非電化区間で撮影可能なところはごくわずか。
本輪西~東室蘭と、この室蘭本線の苫小牧~岩見沢ぐらいです。

タンク列車といえば私個人的には千歳線と室蘭本線(電化区間)のイメージが強く、そんなことから架線がなく、しかも同じ非電化でも本輪西界隈とは趣の違う、苫小牧~岩見沢の何もない景色の中をゆくタンク列車が妙に新鮮に感じたりしています。…(もちろん場所の選択にもよりますけどね)
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/03(月) 18:10:37|
  2. 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。