BLOG 加藤 勝の鉄道写真日記

新たにFC2にてBLOGを開始することになりました



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その前は

昨日、今日と札幌は雨。黒い雲に覆われてどんよりとした天気です。
その天気もどうやら今日までのようで予報では明日以降は晴れマークが出ています。
どうもここ最近の札幌は週の半ばに天気が悪くなり、週末から週明けにかけては好天のパターンが多いような気もします。

さて、今月はJR東日本のEast i-DことキヤE193が北海道に出張して道内各地を巡りましたね。
毎年初夏の恒例行事ともいえるもので、この話題を聞くと今年もこの季節がやってきたか、なんて思ってしまいます。
そのキヤE193がデビューしたのは2002年。もちろんそれ以前から電気検測車による検測は行われており、それまでは国鉄形のキヤ191が初夏になると道内各線区を巡って検測したものでした。

私がキヤ191を初めてみたのは小学生の頃で、当時、北海道にいるはずのない青い2両編成の、本でしか見たことのない車両が函館本線を走っていったのを目撃して子供の私はフリーズしてしまったことをよく覚えています(笑)。
そんなキヤ191も後継車両の登場により今はすべて廃車となってしまいました。
営業列車ばかりでなく、こういった事業用車両も世代交代が進んで今やJR形がずいぶんと多くなったものです。

そんなことで今回は2001年に撮ったキヤ191です。
高運転台の車体ながら当然マークなどはないため警戒色の黄色い帯があるものの なんだか のっぺらぼうのような顔つきです。

2001年5月11日 函館本線 蘭島-塩谷
Nikon F5 AF Nikkor 80-200 F2.8D RDPⅢ

スポンサーサイト
  1. 2010/06/24(木) 11:13:04|
  2. 回想録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<暑いです | ホーム | 霧です>>

コメント

★水無月さま

こんにちは。

そうなんです、East i-Dが登場する前はこのキヤ191が北海道に来て検測を行っていました。
気動車で高運転台というのはキハ183のスラント車でもみられますが、特急形電車によくみられるこの形となるとまた意外な感じがありますよね。
カラーリングはもちろん、側面の窓配置や屋根上に目を向ければこれまた普通ではない雰囲気と言いましょうか、独特の存在感が感じられます。
キヤE193にも搭載されていますが、この車両にも検測用のパンタを照らすスポットライトが搭載されており、こちらは4つのライトが一列にズラリと並んでいました。

このときは2両編成ということもあって横がちに構えつつ、ちょうど水鏡にできそうな貯水池があったのでこんな感じに撮ってみました。
お褒めもくださりありがとうございます。
  1. 2010/06/30(水) 13:53:21 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

おはようございます

East i-Dが登場する前は、このような車両で検測を行っていたのですね。
カラーリングもすごくインパクトがありますが、この車両の形で気動車というのも驚きです。
屋根の上にいっぱい載った箱も、何やら計器がいっぱい詰まっているのかしら?と
思わせるような秘密めいた?雰囲気を漂わせているような気がします。
恥ずかしながら存在も知らず、こちらで初めて拝見させていただきましたが、
知ることができて良かったです。ありがとうございました。

撮影地も水鏡に映った姿が、車両のインパクトが2倍に感じられて、
さすが!と思いました。
  1. 2010/06/30(水) 05:54:45 |
  2. URL |
  3. 水無月 #yY6XORug
  4. [ 編集 ]

★静さま

こんばんは。

そうなんです、この車両は線路上の電気設備などの試験や検測を行う車両で、後継車両が登場したことにより引退となりました。
こういった車両は実際にお客さんを乗せて走る営業用車両と違って一般にあまり人目につくことがありませんが、でもその姿は特徴的でインパクトはありますよね。

今回の関東行きでは苦手な飛行機を利用しての移動だったのですね…。
帰路こそJRでしょうか、サンライズあたりに乗れるといいですね。
  1. 2010/06/28(月) 22:48:59 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

この車両は検側用の気動車なんですね。
しかも今はもう走っていない…。
検側車は見たことがないのですが、この車両はブルーに黄色が鮮やかですね。
水に映っている姿が素敵です。

今は茨城にいますが、今回は飛行機と高速バスで移動しましたので、関東の列車はバスからチラッと見ただけです。
  1. 2010/06/28(月) 06:06:32 |
  2. URL |
  3. 静 #-
  4. [ 編集 ]

★Anさま

こんばんは。

そうなんです、East i-Dが登場する前はこのキヤ191が活躍して北海道にも姿をみせていました。
形式名からも分かる通りこの車両は気動車ですが、この高運転台のスタイルは確かに485系にも似ているように思えます。

さてさて、今回のこの撮影場所を気に入っていただけたそうで私も嬉しく思います。
この場所、道道956号(フルーツ街道)が線路をオーバークロスするところのすぐそばで、道路脇から貯水池(…だったかな?)を使って撮ったものなんです。
キハ150とかローカル列車も絵になるでしょうね~。

また、留萌本線のキハ54の写真を見つけていただいたそうでありがとうございます。
あれ、ブログに載せたあと「その写真よこせ」って言われたものですから…(笑)。
  1. 2010/06/28(月) 00:46:49 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

★白坊主さま

こんばんは。

白坊主さんはこのキヤ191を実際に見たことがおありなのですね。
北海道には配置されておらず、また、高運転台にこのカラーリングですから見たときのインパクトは大きく、私も初めて見たときにはずいぶんと驚いたものでした。
道内の気動車で高運転台といえばキハ183のスラントがありますが、それとは全く違う丸い顔つきで、道内にあった車両で言えば確かに781系が近いかもしれませんね。

そんなキヤ191も世代交代ですでにありませんが、営業用車両ばかりでなく、事業用車両も国鉄形はずいぶんと少なくなったと改めて思った次第です。
  1. 2010/06/28(月) 00:18:38 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

★国鉄色さま

こんばんは。

北海道には配置されていませんでしたが、今のキヤE193と同様にこのキヤ191も毎年みることができましたよね。
やはりこの
車両はインパクトがあるもので国鉄色さんも初めて見たときには驚かれたそうで…(笑)。

そうなんですよね、ひと昔前は大がかりな設備が必要だったものも今はノートパソコンひとつ。
もちろんパソコン自体の性能が高くなったというのはありますが、技術の進歩って面白いものですよね。

今回の撮影ポイントはお察しの通り。今でも秋のSLニセコ号のシーズンになるとたくさんの人で賑わいます。
また、いつもの川柳もありがとうございます。
確かに乗りたくても乗れませんね(笑)。
  1. 2010/06/28(月) 00:08:51 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

★スウさま

こんばんは。

さっそくお褒めをくださりありがとうございます。
そうなんです、この車両は後継車が登場して廃車になってしまいましたので今はもう見ることができないんです。
それにしてもこの車両、青い車体に黄色いマスクがとてもインパクトがありますよね。
ちなみにこの車両は線路上にある電気設備などの試験をするための車両なので残念ながら乗ることはできません(笑)。

この画を撮ったのは今から9年前の2001年。そうですか、スウさんはまだ10代ですか…(笑)。
その頃に北海道の自然とそこに住む動物たちに出会っていたら確かに人生もまた違っていたかもしれませんね。
  1. 2010/06/27(日) 23:49:06 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

★特急北斗さま

こんばんは。

西日本にあったキヤ191も廃車となり、この車両もすでに過去帳入りしてしまいましたね。
今は毎年初夏の頃になると東日本での後継車であるキヤE193が道内各地を巡っていますが、そのキヤE193が登場する前は同じく初夏の頃になると国鉄形のキヤ191が北海道に姿をみせていました。

それにしても事業用車両でありながらキヤ191は高運転台に警戒色を配した事業用色、キヤE193にしても北海道にはないデザインとカラーリングで、どちらもインパクトがありますよね。
私が初めてキヤ191を見たのは小学生の頃で、見た瞬間、すぐにそれと分かったものでした。

今回の画はそうなんです。山線の蘭島~塩谷で撮ったものなんです。
今となっては記録でしか見ることができませんが、ご高評もくださりありがとうございます。
  1. 2010/06/27(日) 23:37:46 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

★785@NE-501さま

こんばんは。

今月はEast i-DことキヤE193が道内各線区を駆け巡って話題をふりまいてくれましたね。
そのEast i-Dが登場する前は国鉄形のキヤ191がそれを担って、こちらも今と同じく毎年初夏の頃になると北海道入りをしていました。
キヤ191にしてもキヤE193にしてもインパクトのある姿で初めて見たときにはやはり驚きますよね(笑)。

国鉄形からJR形への世代交代は営業用車両ばかりが注目されてしまいますが、裏方さんである事業用車両も国鉄形はずいぶんと少なくなってしまった印象があります。
また、現在はひとつの車両でいろんな試験や検測ができるようになり、このあたりは技術の進歩と言えるかもしれませんね。

今回は9年前に山線でみられたワンシーン。ご高評もくださりありがとうございます。
  1. 2010/06/27(日) 23:15:58 |
  2. URL |
  3. 加藤 勝 #NjDYclhA
  4. [ 編集 ]

こんばんわ。

めずらしい列車なんですね!
i-Dの先輩なんですね。
見たことはないのですが
どことなくヨンパーゴに似てます☆

失礼ながら車両よりかは
こちらの場所が気になりました。
らんしま-塩谷には水面を使って
列車をうつせる場所があるんですね(^^)
150撮ってみたいなぁ。

P.S.
某誌にて留萌線の54の写真を見ましたが
どっかで見たーっ!とすぐ分かりました(^^)
  1. 2010/06/26(土) 23:03:04 |
  2. URL |
  3. An #-
  4. [ 編集 ]

管理人様こんばんは

キヤ191懐かしいですね。私も生で1度だけ見た事がありますが闇列車といったイメージでした。

スラントとはまた違う丸い高運転台型の車両ですから物珍しくも感じました。
どちらかというと781系でしょうかね?ただHMも無ければシンボルも有りませんからその面を見るとやはり物珍しさというものを覚えます。

表で出ている営業列車も裏方で働く検束車も国鉄型が本当に少なくなっているのは間違いないですね。
  1. 2010/06/25(金) 21:33:41 |
  2. URL |
  3. 白坊主 #IaNAQoQY
  4. [ 編集 ]

なつかしい!!

おはようございます。
とってもなつかしい車両ですね!
私はこの車両をリアルタイムで見ておりますので、とってもなつかしく思います。
初めて見たときの印象は「なんじゃこりゃあ!!なんで札幌にいるの???」です。
技術革新は日進月歩で、昔は車両ひとつ分必要だった信号や軌道の解析装置が今やノートパソコンひとつで出来る時代です。

そこで今日のお題
「山線の 水面に映る 警戒色」
「乗りたいが お客は乗れない 青列車」

撮影場所は、C62で有名になった某所ですね。
  1. 2010/06/25(金) 08:37:18 |
  2. URL |
  3. 国鉄色 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
水辺の電車・・・今回も素敵な写真に癒されました(*^_^*)
このキヤ191系はもう今では見ることができないんですね。
とっても美しい車体なのにもったいないな。。
黄色いマスクの形が個性的で、魅力ある車両ですね♪
2001年というとわたしはまだ十代・・・
当時この電車に乗って北海道を巡っていたら、
人生もまた違う方向へ行っていたかも(^-^*
  1. 2010/06/25(金) 06:22:25 |
  2. URL |
  3. スウ #G.Q4yt/c
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

キヤ191系といえばもう廃系列となってしまった事業用車ですね。
これが道内に入って来ていたということを知ったのも随分と最近の話で、結局見れずじまいで終わってしまいました。後継車であるキヤE193系を初めて見たのも随分と最近の話ではありますが(笑)
今ではこの顔を保つ車両としては西日本の443系くらいなので、キヤ191系無き今は是非そちらも見てみたいものです。

この車両にしても今道内にもやって来るようになったキヤE193にしても、とてもインパクトのある顔をしていますよね。
特にこちらの車両は警戒色を顔にドンと纏っているので、遠くから見てもかなり目立つ車両だったのではないでしょうか。
今でもこの塗装を保った車両は本州の事業用車で見ることが出来ますね。

お写真を拝見した時は一瞬北海道ではない感じがしてしまいましたが、れっきとした山線でのお写真なんですものね。北海道を走るキヤ191・・・私にとっては大変貴重なお写真を拝見させて頂いた思いです。
  1. 2010/06/24(木) 21:03:37 |
  2. URL |
  3. 特急北斗 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
キヤ191系ですね。この485系に通じる顔が札幌圏を走っている姿は見た事がありませんが、想像すらつきません。この顔が札幌に居る姿は一度でもいいから見てみたかったものですが、叶わぬ夢です。笑
私はキヤE193をはじめてみたときは何じゃこりゃと思ったものですが、個人的には国鉄特急形電車によく見られる高運転台のキヤ191系の方がインパクトが大きいですね。
現在道内を回るのはキヤE193系総合検測車ですが、キヤ191系は電気検測車でしたから当然ながら今の方が軌道も一緒に検測できるでしょうから検測効率がいいのでしょうね。
この顔を残す検測車といえばキヤ191の電車版とも言うべきJR西日本の443系でしょうか。

確かにJR各社の検測車もそうですが、これに限らず事業用車の近代化が積極的に行なわれていますね。JR北海道のマヤ34 2008もリニューアルが行なわれていたり、いまどきレールはDCで運ぶものもあれば、建築限界測定をレーザー光とCCDカメラで行なうものがあったり。国鉄形から改造されたもの含めて、ここ数年事業用車両も進歩したと感じていましたが、この自然豊かな山線を走るキヤ191系の写真は今の新世代車両登場までの間、陰で鉄道を支える車両もこんなのがあったのだと、昔を生きていた人間ではありませんが、そんな国鉄時代を思い起こさせてくれるお写真ですね。
  1. 2010/06/24(木) 17:40:46 |
  2. URL |
  3. 785@NE-501 #US6wYauc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masarukato.blog109.fc2.com/tb.php/9-5dd292d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。